2010-12-19

映画ノルウェイの森

映画ノルウェイの森を見てきました。

Yahoo!映画のレビューでは、日を重ねるごとに、点数が低くなっていたので、さてどんなものなのだろうと。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id336172/

この映画を観るにあたって、小説を再読しようと思っていたのですが、実家に保管されているため、結局読み返すことなく映画を見ることになりました。
小説の印象ですが、熱心なファンでもないので詳細は忘れきっており、「草原」の記憶だけが強く残っているというレベルです。

自分にとっての、原作を見て映画を観る場合と、原作を見ずに映画を観る場合では、前者では自分ならどう作るかの視点で観てしまうので、純粋に映画を観るという点では、今回のようなパターンのほうが良いのかもしれません。

さて、ざっと感想を書いておきます。

監督はトラン・アン・ユン。
ベトナム生まれで、12歳からフランスで育ち感性が磨かれた監督です。

作風は予想通りで、ヴェネチアで称されるような作風といいますか、日本でいうとキタノ映画や、ちょっと昔のウォン・カーウァイ作品をずっと見続けてきた人たちにとっては、ある程度そういうものとして鑑賞できる作品だろうなという印象をもちました。世間ウケはしません。

ということで、Yahoo!映画での総合点2.83(12/18時点)というのは、それくらいのポイントで妥当だと思いました。
個人的にも、映画のレビューの点数でいうと2.5点位の印象です。ただし、一方で映画好きの人やクリエイターの人がこの作品を見た場合は、その後、ハナシのネタになるようなソースがふんだんに散りばめられています。

・菊地凛子の涙の演技は鳥肌モノです
恐ろしさを感じるほどの圧巻の演技でした。現場にいたら相当ビビッてたと思います。

・ノルウェイの森の草原の認識がアップデートできた
小説を読んだ時にイメージしていたものに極めて近い草原でした。唯一の違いは、草の長さがイメージしていたものよりも長かったのですが、整備されていたら不自然だろうし、映画のほうが適切だろうと思いました。いい草原でした。

・村上春樹のイスラエルでのスピーチを思い出しました
「高くて、固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」
有名なのはこのフレーズですが、卵側に立っていて、それを描写しているのが村上春樹なという作家だった…とノルウェイの森と重ねあわせながら見てました。登場人物は、不条理な状況でもその流れに身を任せて受け入れて、葛藤を抱えながら日常を生きていきます。その生き様を、読者に対して提示して、お前らどう思うんだと問いかけるのが春樹テイストなんでしょうか。
きっと村上龍なら、卵側に立ち、さらに立ち向かう主人公を描くんでしょうけど。
※村上春樹氏エルサレム賞受賞スピーチ全文
http://www.yomiuri.co.jp/national/murakami/

・トラン・アン・ユン監督の日本語の理解力
おそらく監督は日本語を知らないので、会話のリズムやテンポが変です。棒読みに見えるのは役者の演技力ではなく、脚本(翻訳家)の問題でしょう。動詞が文の最後に来るという、日本語の独特の文法を知らなかったために、特に2人での掛け合い的な会話がもう違和感ありまくりです。動詞が主語のすぐあとに来るフランス語や中国語だったら、さぞテンポが良い会話として成立していたんだろうなと思いました。

・水原希子について
本作が女優デビューのモデルさんですが、不思議な魅力と存在感を持っています。
今後、様々なキャスティングの場で彼女の名前が挙がってくることになるのでしょうが、使い方は非常に難しいと思われます。ただ、ぜひ潜在的な才能を引き出してあげられる演出家が現れることを希望。
水原希子オフィシャルページ:http://www.kiko-m.net/

・僕は今どこにいるんだ?
この映画において、監督のメッセージは、一体何だったんだろうというところで人それぞれ感じることが違うんだろうなという小説同様のエンディングを迎えました。The Social Networkのデヴィッド・フィンチャーのように原作をベースに人間の本質を描き出し、自身の強烈なメッセージまでを盛り込んだ演出ではなく、卵側に立った演出でした。

映画を楽しもうと思っている人にはオススメではありませんが、映画について語りたいと思っている人にはオススメの映画です。

2010-09-12

銀座目利き百貨街

銀座・松屋の8Fで開催中の企画展「2010年度日本デザインコミッティー主催の「銀座目利き百貨街」。

「銀座目利き百貨街」は四十九人の店主、建築家、博物学者、茶道家、デザイナー、現代美術家、編集者、骨董店店主、脚本家、イラストレーター、評論家、造形家、キュレーター、和紙職人、プロデューサーなど、物を見る目の力が問われる仕事をしている方々に、それぞれ眼力を発揮してもらい、普段では見かけない、逸品、稀少品、珍品の数々を取りそろえ、展示・販売するという企画です。

この企画に揃えられているモノのほとんどは、自分が田舎町の雑貨屋で見かけてもまったく見向きもしないものだと思うのですが(そもそも雑貨屋に行くということも稀)、その筋の人、つまり目利きがレコメンドしている商品だということで、欲しいかもと思ってしまうからあら不思議。

普段自分が欲しいと思っているものは、広告やメディアなどを通じて知るだけの極めて限定的なモノであることを改めて思いました。ソーシャルを通じての発見(セレンディピティ)がこれからはさらに増えていくと思いますが、この切り口でのEコマースはまだあまりないような気がするので狙い目だと思います。

ちなみに、FacebookのAPIを利用したLevi'sのサイトが、ソーシャルコマースの代表事例的にいわれていますが、あれはただのFacebookのAPIを組み込んで作り込んであるだけで、まだまだ成功事例というには程遠い完成度だと思います。まったく購買意欲があがってきませんし…。

銀座目利き百貨街の仕組みを、どうWebに落としていくかという方向性にひとつの可能性を感じました。

2010-09-10

mixiの新たな幕が開けた日~mixi meetup 2010~

mixi meetup 2010に参加に参加してきました。

会場のザ・プリンス パークタワー東京には、外見から判断するにIT業界以外の人も多数来場しており、日本のソーシャルメディアに対する認知や浸透を肌で感じました。

今回発表されたプラットフォームなどについては、既にmixiの公式ページや様々な人のブログに記載されているので、シンプルに感想だけをまとめておこうと思います。

---------------------
①ソーシャルP/Fに対する方針について
mixiがしっかりと着実に、ソーシャルプラットフォームを作っていることを知ることができとても好感をもてました。GREEやモバゲーの展開に惑わされず、リアルのソーシャルグラフを軸にしていくという方針にブレはないと感じました。

②mixiチェックに続き、mixiいいね!が12月に一般開放
mixiチェックが本日より一般開放され、誰でもmixiチェックを利用することが可能になりました。さっそくこのブログにも貼ってみましたが、10分程度で簡単に実装できます。また、mixiいいね!も12月に一般開放するという発表があり、あらゆるサイトにmixiのPluginが導入されていくと思います。また、PCのみならず、モバイルでも提供しているのがすごいところ。

「FacebookのShare≒mixiチェック」、「FacebookのLike≒mixiいいね!」に値するのですが、元祖や本家は置いておいて、予定通り年内に提供できるのであれば、mixiのPluginが日本ではスタンダードになるでしょうから、日本進出を目指すFacebookには痛手でしょう。

③mixiプラットフォーム導入企業
ヤフー、楽天、DeNA、はてななど、20企業50サイトで既にmixiのプラットフォームを導入開始しています。日本のITのリーディングカンパニーが導入しているので、今後さらにmixiのソーシャルグラフを利用するサイトは増えていくことでしょう。また、各サービスの情報がmixiのグラフを通じて、流通することになると思います。

④mixiとモバゲー、そのときにグリーは?
mixiとモバゲーが、共同で事業展開もする可能性があるという発言がありました。リップサービスという可能性のほうが高いですが、ソーシャルグラフの性質も違いますし、お互いの強みを活かし、弱みを補うという展開は可能でしょう。おそらくmixiはソーシャルゲームを作っていくこともないでしょうし、モバゲーもリアルのソーシャルグラフを手に入れるということもないでしょう。二兎を追うではないですが、同日にGREEいいね!を発表したGREEはいままさに事業の方向性を決定するタイミングかと。

⑤renren、Cyworldとアライアンス締結
世界最大のSNSであるFacebookが浸透していない残りわずかな国である、日本、中国、韓国の最大手のSNSが手を組んだところが注目です。共通のプラットフォームにしていき、相互のSAPの国外での展開を容易にするということです。共通化の難易度は高いと思いますが、政治の世界では実現しないことが、ITの世界でまずはアライアンスを締結したというところが興味深いです。
---------------------

今回、mixi meetup 2010に参加に参加して、mixiのダイナミックを知ることができ本当に良かったです。久しくmixiでの投稿活動をしてませんでしたが、改めてmixiをしっかりと使い始めてみようと思い始めました。

mixi meetup 2010をきっかけに、mixiの次の展開への幕が開けた…ということを体感した一日でした。

2010-07-26

iPhoneアプリ/Echofonのデータ読み込みが重くなった際の解決法

iPhoneでのtwitterのクライアントアプリには、Echofonが断然使いやすく、あまりに使いやすいので敬意をこめて、600円の有料版Echofon for Proを購入して利用していたのですが、1ヶ月ほど前からデータの読み込みが遅くなり、タイムアウトをすることもしばし…。

原因を考えたところ、iPhone用のtwitterの公式アプリが出たタイミングでもあり、てっきりサードパーティのEchofonにはAPIの制限をかけていて、公式アプリを利用させたいtwitterの魂胆かと思っていました。

しかし、たまたまEchofonを使っている仲間に確認してみたところ、どうやらデータの読み込みに時間がかかったり、重くなったり感じるのは自分だけの症状であることが分かりました。

そこで、同様にEchofonが重くなったと感じる人がいるのではと検索したところ、重くなっている原因とその解決方法が判明しました。せっかくなので、Echofonが重くなった際の解決法をブログでもシェアしておきます。

■Echofonのデータ読み込みが遅くなる原因
・twitterのキャッシュ情報(tweetや画像など)が膨大になっているため

■解決方法
1.Echofonのホーム左上にある[メニュー]を開きます


2.メニュー左下にある[設定]を開きます



 
3.[ローカルキャッシュの削除]をクリック



4.[クリア]を選択



この作業をするだけで、これまで重くてしょうがなかったEchofonが昔のようにサクサク動くはず。ぜひぜひお試しください!

2010-07-15

Yahoo!オークション「リクエスト掲示板」リリース

Yahoo!オークションの新機能として、「リクエスト掲示板」というものをリリースしました。今回初めてヤフオクを担当させてもらい、コンセプトの発案から開発まで一通りさせてもらいました。まずはモバイル版のみでの提供です。
http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/mobile/request/


Yahoo!オークションというサービスは、ユーザーの出品によりマーケットが作られ、ユーザーの競売、落札により商品の売買が行われるという、CtoCにより成り立つUGC(※ユーザーが創り出すコンテンツ)のさきがけ的サービスです。

いま競売市場は1兆円とも言われてますが、そのうちの大部分はYahoo!オークションが占めていますが、市場としてはほかのECサービスの台頭もあり、この市場は2006年以降は踊り場に出たといわれています。

今回、新しく機能を提供するキッカケは、人々がUGC活動を飛躍的に行うようになったのに踊り場に出るというのは如何なるものか、まだこの市場は開拓していく余地があると感じ、企画をしていきました。

オークションの魅力とはなにだろう?その問いかけが、企画のぶれないコンセプトを考えるにあたって非常に重要でした。コマースサービスは、結局のところ次の4点が重要なポイントとなります。
1.価格が安い
2.品揃えが豊富
3.すぐに届く
4.決済手段が容易

この中で、オークションが次のステージに向かうにあたって強化していくには、「2.品揃えが豊富」という部分しかないと思っています。さらに一般の方々の投稿により成り立っているサービスであることから、レアな商品、通常の店舗では売っていないような商品も品揃えできる可能性がまだまだあると感じました。

「ヤフオクに来たら、なんでも揃う」
そのような世界観を作り、本プロジェクトはスーパーロングテールPJと名付けました。ヤフオクにはもう充分商品が揃っているのではないかという声も聞こえてきそうですが、商品を探しに来たユーザーが検索をし、「その商品はありませんでした」という検索ゼロ結果を見るユーザーが、30%を超えているというデータからも、まだまだ商品の品揃えを充実させる必要なあります。


どのようにしたら、レアな商品を持っている人が出品してくれるのか。また、検索ゼロ結果を見たユーザーをどのように導くかを解決することが、今回の企画の肝となっています。

1.自分が欲しい商品をリクエストしてもらう(リクエスト人)
⇒ヤフオクにない商品を掘りおこします
2.リクエストに挙がっている商品を見て自分も欲しいと同意します(同意者)
⇒その商品に対しての市場のニーズをはかります
3.自分が持っている商品にニーズがあると知り出品します(出品者)
⇒売れるという確信を持って上で出品できます
4.出品されたら、リクエスト人、同意者にアラートメールが届きます
⇒欲しい商品を見逃すこともありません
5.アラートが配信され、オークションがスタート
⇒念願の商品を手に入れることと、高値がつくかもという双方の欲求を叶えます

ちなみにリリース初日で、リクエスト数は早くも2000投稿を超えました。モバイル版だけの機能ですが、ヤフオクのサービスの大きさを改めて感じました。また、当初の予定通り「こんなマニアックなモノが求められているなんて!」というようなリクエストが約8割を占めています。これをキッカケに、これまでになかった市場を開拓できればと思っています。

また最後に、なぜモバイル版のみでリリースしたのかと聞かれるのですが、これはスーパーロングテールなリクエスト商品を集めるための戦術です。モバイルでの投稿はまだまだハードルが高く、その投稿ハードルを乗り越えてまでも「欲しい!」商品を集めることで、リクエスト掲示板の質と方向性をしっかりと決定づけたかったからです。

もちろん、PC版での展開も視野に入れていますので乞うご期待。そして、まずはモバイル版リクエスト掲示板をぜひお試しください。

2010-07-10

うなぎ尾花

都内で最高峰のうなぎが食べられる店。
そのウワサを職場で耳にし、確かに食べログで調べてみても4点以上の高評価。
尾花(食べログ)

というわけで、土用の丑の一足前に、南千住にあるうなぎの尾花に行きました。
開店は11時半ということなので、開店15分前に現地入り。しかしそこには予想だにしない光景が広がっておりました。既に100名を超える大行列。飲食店で見た行列の中では過去最長です。ディズニーランドの人気アトラクションに匹敵。


一瞬これは厳しいかもとその行列を通り過ぎたものの、今日はこのためにここに来た、これを成し遂げずに今日一日なにをするのだろうと思いなおし、行列に参加することに。

11時半に開店したものの、店内はわずか50席。すでに自分の後ろにも50名ほど並んでおり、なんとか直射日光を防げるお店の庭には入れたものの、1時間以上の待ちコースはこの時点で確定。

店先の庭には巨大扇風機があり、熱射病にはならない配慮がされております。行列のため、念のために本を持ってきて正解でした。読書&twitterで待ち時間を過ごします。

うなぎの尾花のtweetまとめ。3時間のやりとりはこちら

そして待つこと1時間40分。ようやく店内に入店。最も高いうな重(4000円)に、肝吸い(350円)、鯉のあらい(1000円)、サイダー(400円)を注文します。

まず、サイダー登場。そして大好物の鯉の洗い。


そして御大、うな重の登場は待ち時間から合わせて2時間20分後!
紀州備長炭で焼き上げた都内最高峰とウワサの肉厚のうな重。


うなぎは蒸しあげているためふっくらしていて、軽く炭火であぶっている印象。クチの中に入れると、フワッとトロッと消えてしまいます。タレもサッパリ系で、甘味で誤魔化す他店とは違い、うなぎ本来の味を際立たせています。オーガニックなうな重です。 次回は白焼きも食べたい。

うなぎの尾花、うなぎ本来の味を知りたい方にはオススメします。ただ、2時過ぎでも並んでいるところを見ると、土日は行列必至です。