2008-02-29

春子ブックセンター


舞台「春子ブックセンター」

2002年、大人計画の本公演で話題となった宮藤官九郎作品(脚本・演出)が、
今年6月、鈴木おさむ演出で再演決定。前回とは役者も一新。

春子役:松尾スズキ → 友近ブック役:阿部サダヲ → 木村明浩(バッファロー吾郎)センター役:河原雅彦 → 福田転球

さあ、どんな風になるのやら。
じゃなくって、近頃、舞台のチケットが取れないのです。

それでもって、ヤフオクで出品されてるもんだから、
結果、定価以上の高額で入手しなければならないっていう。
ていうか、代行業者がチケットを押さえてるんだと思う。

そんなわけで、きっとプレオーダー(先行抽選受付)なる制度が
生まれたのであろうが、そこにはカード登録やらなんやらでイロイロ条件が。

今回のチケットも通常の定価で入手できるの確率は、
でも、セゾンカード先行受付(2枚カードあるから2口応募できる)と、
Yorimo先行受付(読売新聞購読者の先行受付)とで合計3口あるから、
体感としては、10%くらいの確率で入手できるんじゃないかと・・・。

なんで、こうも日本は舞台が見れない環境になったのだろう。
むかしは、ふらっと当日に寄ってみれたのに。

見たい人が、高額を出さないと見れないのは、
文化としてちょっとおかしい。